Column

不動産投資の最新動向

244 view

20代は不動産投資で失敗しやすい!? 成功者と失敗者の違いとは

目次

不動産投資で成功を収めるには、長期的に取り組むことが不可欠です。

だから、若いうちから資産運用を始めることをおすすめします。

今回の記事では、最近増えつつある20代の不動産投資について注意すべき点を解説。

成功者と失敗者の事例を、具体的なエピソードとともに紹介します。

若年層が陥る不動産投資の失敗原因は?

不動産投資は、物件を購入してから長期的に運用するのが一般的です。

家賃収入をコツコツ得ながら数年間運用して、売却することで大きな利益を狙うことも可能です。

不動産投資は、金融機関の融資審査が通れば、さほど自己資金を用意する必要がない点が大きな特徴。

不動産投資ローンを組んで、毎月の家賃収入で返済します。

ところが、数十年賃貸経営をしても収支がマイナスで、物件を売却しても赤字になってしまう……。

この場合は、「失敗」でしょう。

逆に、月々の家賃収から諸経費による支出を差し引いてキャッシュフローが赤字になっているのは、不動産投資の失敗とはいえません。

実は多い20代の不動産投資失敗例

不動産投資は長期的に取り組むのがおすすめです。

そのため、20代などの若いうちから取り組むと、将来的に大きな資産を得られるというアドバンテージがあります。

しかし、20代は知識不足や資金不足などから、家賃収入を上手に得ることができずにローン返済が滞り、結果、苦難に陥る人が続出しています。

また、20代は転職や転勤、結婚、出産と、生活環境が大きく変化するタイミング。

ライフイベントまで想定して収支シミュレーションを計画しておかなければ、失敗する可能性が高くなるのです。

不動産投資で成功する人・失敗する人の特徴

不動産投資で成功する人と失敗する人には、どんな違いがあるのでしょうか。

とくに、20代で不動産投資に失敗する人の特徴を紹介します。

原因① 自己資金不足は失敗する

不動産投資において重要なポイントの一つは、自己資金です。

銀行融資に期待しすぎて、自己資金をほとんど用意していない人がいます。

なかには自己資金ゼロで不動産投資に取り組む人も。

近頃は「自己資金ゼロから始める〜」のような謳い文句で、不動産投資会社がセミナーを開催しています。

書籍にも同様の内容のものが多く出版されていますが、自己資金がなければいざというときに大変困ります。

実際、頭金ゼロで不動産投資を始めたとしても、融資の金利は徐々に高くなり、利息の負担金額が大きくなります。

月々の返済負担額が重くなるため、最低でも購入物件の5〜10%は頭金として用意しておくのが無難でしょう。

原因② 不動産投資の知識不足および勉強不足は失敗する

本気で収益を得たいならば、不動産投資について最低限の仕組みは勉強しておきましょう。

不動産の基礎知識がないままでは、不良物件をつかまされてしまうことも……。

不動産市況やトレンドといった情報収集も勉強の一環です。

物件選びについても、新築物件か中古物件か、ワンルームマンションかアパートか、一戸建てまたは一棟など多種多様で迷ってしまうでしょう。

選択肢が多い上に、物件ごとの条件も複雑なので、しっかり勉強しておくことが必要です。

専門的な領域まで突っ込むとキリがありませんが、営業を受けて疑問に思ったことは自分で調べるなど、失敗しない手段を講じましょう。

原因③ 計画を怠ると失敗する

不動産投資は家賃収入や売却益による収益がある一方、固定資産税など各種税金やローン返済額、修繕費といった諸費用が発生します。

自己資金の有無にもつながりますが、たとえば設備が故障したら、修繕費を負担するのはオーナー自身です。

急な支出に耐えられるだけの資金がなければ、設備は故障したままとなり、入居者が退去してしまう可能性も。

将来への備えを考えずに、家賃が入ったらすぐに使ってしまうようなオーナーは、投資に失敗することは必至です。

原因④ 不動産会社の営業文句を鵜呑みにすると失敗する

不動産投資会社の営業マンは、とにかく物件を売ろうと躍起になっています。

不動産投資のメリットばかりをアピールして、その気にさせる売り文句をたくさん持っているのです。

たとえば「節税できる」「自己資金ゼロから資産形成できる」といった言葉です。

くわえて、「利回り」という言葉に踊らされる投資家も少なくありません。

利回りとは、物件価格に対して1年で得られる収入や利益の割合です。

利回りが高いほど多くの収益を望めるわけですが、「表面利回り」と「実質利回り」という2種類の利回りがあることを覚えておきましょう。

不動産業者が広告などに一般的に記載しているのは「表面利回り」です。

表面利回りには支出が想定されていないため、あくまで目安と考えましょう。

一方で「実質利回り」は、物件価格と家賃収入にくわえ、諸経費を想定して算出した割合です。

営業マンに「利回りが高いのでおすすめです」と言われても、それが実質利回りのことを言っているのか確認しましょう。

営業マンのトークをむやみに信じてしまった結果、物件を割高で購入してしまうことも。

価格相場や適正価格を比較するほか、管理会社の管理物件の入居率や空室率を把握するなど、しっかり調べてください。

20代のよくある不動産投資失敗事例

最後に、20代で勢い任せに不動産投資に取り組んだ結果、痛い目を見た事例を紹介します。

失敗事例① 自己資金ゼロ、フルローンで物件を購入して自己破産

サラリーマン勤務をはじめて4年のAさん26歳。

老後に向けた資産形成に興味を持ち始めたタイミングで、不動産の営業マンから電話がかかってきました。

話を聞いてみると、「想定利回りが15%以上」とかなり高く、「自己資金ゼロからでも始められる」という営業文句を信じて購入を決断。

しかし、オーナーになって数か月後、投資マンションの設備が故障。

修繕費の負担を想定していなかったAさんは、その後月々の住宅ローン返済が滞るように。

退去者が出てからは空室対策がうまくいかず、家賃収入もどんどん減っていきました。

ついにローン返済ができなくなって物件を売却しようとしましたが、ときすでに遅く、キャピタルロスが出る状況となってしまいました。

結果、Aさんは自己破産に追い込まれたのです。

失敗事例② セミナーで物件購入を即決、ローン返済に苦心

不動産投資に関心があった会社員のBさんは、インターネットであるセミナーの広告を見つけて、参加を申し込みました。

セミナーでは不動産投資で得られるたくさんのメリットが紹介され、Bさんは目が眩みました。

その後の個別相談で丁寧な対応をしてくれた営業マンのトークを信じ込んで、Bさんはその場で購入を決断。

頭金を出す程度のお金はあった30代のBさんはローン審査も無事通り、晴れてマンション投資をスタートしました。

購入物件は都心でしたが、駅から遠かったため、なかなか入居者が見つかりませんでした。

賃貸情報サイトに広告を出すにはさらに予算が必要で、Bさんの出費はさらにかさむことに。

それでも効果がなく、空室が長期化して家賃収入はまさかのゼロ。

ローンの返済は給与から支払うほかなく、返済地獄に陥ってしまったのです。

計画性をもって学ぶ姿勢が大切

若年層の不動産投資には、失敗事例が溢れています。

共通しているのは計画性がなく、リスクを甘く見ていることです。

本当に不動産投資で成功したいのであれば、知識習得や情報収集をしっかり行ないましょう。

また、自己資金を用意したうえで、シビアに収支シミュレーションを行なうことが必要です。

投資用不動産業界に関する情報が毎週届く!
不動産投資塾新聞社メールマガジン登録はこちら

著者紹介

不動産投資塾編集部
不動産投資塾編集部

投資への関心が高まる中で、高い安定性から注目を集める不動産投資。しかし不動産業界の現状は残念ながら不透明な部分が多く、様々な場面で個人投資家様の判断と見極めを要します。一人ひとりの個人投資家様が正しい知識を身に付け、今後起こり得るトラブルに対応していくことが肝要です。私たち一般社団法人首都圏小規模住宅協会は、投資用不動産業界の健全化を目指す活動の一環として本サイト「不動産投資塾新聞社」を介し、公平な情報をお送りいたします。

関連記事

サラリーマン大家は赤字物件をすぐ売ったほうがいい理由

不動産投資の最新動向

733 view

サラリーマン大家は赤字物件をすぐ売ったほうがいい理由

認知症の売主から不動産を購入するために知っておきたい法律と制度

竹村鮎子弁護士の学んで防ぐ!不動産投資の法律相談所

1,673 view

認知症の売主から不動産を購入するために知っておきたい法律と制度

海外不動産投資の成功と失敗

星野陽子の金持ち母さん投資術

2,710 view

海外不動産投資の成功と失敗