Column

不動産投資の最新動向

14 view

あなたの物件がいつまでも売れない本当の理由5

目次

不動産を売り出しているのに、待てど暮らせど成約しない……。そんなとき、真っ先に売り主の頭をよぎるのは「値下げしたほうがいいのか?」という葛藤でしょう。

しかし、待ってください。確かに、相場よりも価格が安ければほとんどの物件には買い手がつきます。しかし、数十万円、数百万円も売却益が落ちれば売り手オーナーの計画は大崩れ。とにかく手放したい事情があるのでなければ、値下げして売っては元も子もありません。本記事では、物件の売却を妨げるよくある理由を解説し、値下げをせずに物件を売却するコツをまとめました。

売れない理由①写真や物件説明の質が低い

不動産の買い手は、多くの物件を候補として購入物件を選定します。
その際、募集広告に以下のような欠陥があると、それだけで検討にあたっての情報不足、また売主に対する不信感につながってしまいます。

・設備や周辺環境といった情報に不足が多い
・写真が少なかったり、内観写真が欠けていたりする
・写真が不鮮明、粗い

物件になかなか引き合いがない場合には一度、掲載している募集広告と他物件の広告を見比べてみましょう。わかりやすい募集広告を真似するだけで引き合いが来るかもしれません。

売れない理由②不動産会社が悪い

売り出し中の物件に対して内覧の申し込みすらないという場合、もしかすると不動産会社に原因があるのかもしれません。

広告費をケチっていてほとんど物件を露出していなかったり、営業力が低く買い手候補に悪印象を与えていたりするケースがあります。

また、悪質なのは「囲い込み」をしている不動産会社。仲介手数料を売り手からも買い手からも取る両手取引にこだわり、他の不動産会社経由での引き合いをシャットアウトしてしまうのです。

よっぽど信用できる会社でない限り、売却は複数の不動産会社に依頼したほうがいいでしょう。

売れない理由③内覧の印象が悪い

申し込みは入るのに、成約に至らない……そんな場合は、内覧での評価が低いのかもしれません。

特に投資用物件だったり親から相続した物件だったりしてオーナーが住んだことのない物件を売る場合、売却前の物件清掃や整理整頓を怠りがちです。不動産というものは感覚に購入判断が左右される部分が多いので、部屋が汚いとそれだけで大幅に印象が悪くなってしまいます。

いくら不動産会社が「引き渡しの際にはきれいにクリーニングする」とフォローしてくれたとしても、内覧での印象はなかなか覆りません。理由①で述べた写真のクオリティにもつながってくるので、必ずきれいにクリーニングしてから物件を売り出したほうがいいでしょう。

また、オーナーが住んだまま内覧を受け入れる物件も敬遠されがち。どうしても生活感が出てしまいがちですし、心ゆくまで突っ込んだ内覧がやりづらくなってしまうからです。

売れない理由④同じマンション内で複数の売却が出ている

これは区分マンションを売却する場合ですが、同じ物件の他の部屋が多く売りに出ていれば、その分成約は難しくなります。

同じマンション内であれば間取りなどの条件はほぼ一緒ですから、買い手にとっては価格以外に比較できる要素がなくなってしまうのです。

また、戸数の多いマンションでいくつもの部屋が売却されている場合、ポータルサイトには売りに出ている部屋がすべて掲載されます。

「こんなにたくさん売られているなんて、このマンションはそもそも問題があるのではないか」と思われてしまうリスクを招いてしまうのです。
時期が悪い、と判断したら一度広告を取り下げて、同じマンション内の物件が売れてから再度売り出したほうがいいかもしれません。

売れない理由⑤募集を長く出しすぎている

不動産の購入を検討する人は、時間をかけて何度もじっくり物件探しをするのが普通です。
物件が売れないまま何度も広告に出てくると、「この物件まだ売れていないのか」と印象が悪くなってしまう可能性があります。募集を出し続けていること自体がマイナス要素になってしまうのです。

転職のノウハウで「年中採用の募集をかけている会社はブラック会社だから避けましょう」と指導されることがあります。それと理屈は同じです。

ある程度の期間、物件が売却できない場合は、理由④の対応と同時に一度売り出しを取り下げ、何らかの改善策を講じてから再度売りに出すのも手でしょう。

値下げは最終手段

物件がスムーズに売却できない場合、不動産会社から値下げを提案されることがあるでしょう。

確かに当初の値付けが相場より高かったという場合もありますが、周辺相場から見て妥当であれば安易に値下げをせず、違う形で改善策を講じることをまず考えましょう。
つい売却益を諦めてしまいがちですが、最大の利益を狙うのが物件売却の鉄則です。

投資用不動産業界に関する情報が毎週届く!
不動産投資塾新聞社メールマガジン登録はこちら

著者紹介

不動産投資塾編集部
不動産投資塾編集部

投資への関心が高まる中で、高い安定性から注目を集める不動産投資。しかし不動産業界の現状は残念ながら不透明な部分が多く、様々な場面で個人投資家様の判断と見極めを要します。一人ひとりの個人投資家様が正しい知識を身に付け、今後起こり得るトラブルに対応していくことが肝要です。私たち一般社団法人首都圏小規模住宅協会は、投資用不動産業界の健全化を目指す活動の一環として本サイト「不動産投資塾新聞社」を介し、公平な情報をお送りいたします。

関連記事

家賃の支払いが困難だと入居者から相談を受けたら

不動産投資の最新動向

73 view

家賃の支払いが困難だと入居者から相談を受けたら