About

私たちは、不動産経営を考える皆様を応援します!

とは

投資への関心が高まる中で、高い安定性から注目を集める不動産投資。

しかし不動産業界の現状は残念ながら不透明な部分が多く、様々な場面で個人投資家様の判断と見極めを要します。

一人ひとりの個人投資家様が正しい知識を身に付け、今後起こり得るトラブルに対応していくことが肝要です。

私たち一般社団法人首都圏小規模住宅協会は、投資用不動産業界の健全化を目指す活動の一環として本サイト「不動産投資塾」を介し、公平な情報をお送りいたします。

不動産投資を始めたい方、または既に経営されている方が安心して不動産投資と向き合い、適切な判断を下すことができるようになることが願いです。

 

コンテンツ

大家による実体験をもとにしたコラム

不動産トラブルは年々、増加傾向にあります。その理由は、将来の不安に備えて不動産投資を始める初心者が増える一方で、そうした初心者を狙い撃ちにする悪徳業者が絶えないからです。本コラムでは、長年不動産業界で活躍したプロや、経験豊富な大家が教える、業界の裏話や知っておくべき考え方をコラム形式で発信します。

 

セカンドオピニオンサービス

本サイトのセカンドオピニオンサービスは中立的な立場から、購入と運用、出口戦略まで、専門家が診断いたします。不動産経営は長期的に運用していく投資です。時勢の変化を受けやすく、自身が気づかなくても翌年も状況は変わっていることもございます。健康診断と同じような認識をもって、定期的に保有物件やご自身の戦略を診断していただきたいと考えています。相談は無料ですので、何度でもご活用ください。

 

勉強会・各種イベント

上がり続ける税金に、受給開始年齢が引き上げられる年金など、老後の生活への不安が高まることばかり。そんな日本において、将来に備えて不動産投資を始める方は、自分の資産を守るための正しい1歩を踏み出したと言えます。しかし世の中には、甘い言葉で歩み寄り、リスクの高い物件を優良物件に見せかけて高値で売りさばく悪徳業者も、少なからず存在します。本サイトでは、世の中にある正しい情報を掴むために必要な方法やノウハウ、実体験を学べるセミナーのほか、投資用不動産業界健全化のための前向きな意見交換会といったイベントを開催いたします。

 

書籍PDFデータダウンロード

『不動産会社が書けない 「有名大家」の裏話』
小島拓 著(一般社団法人首都圏小規模住宅協会 代表理事)
「2年で10億円を築いた」「サラリーマンでもできた」うらやましい儲け話で不動産投資を煽り、不動産会社からキックバックをもらうブラックな有名大家が存在するのも現実です。不動産会社を経営するプロの目線から有名大家のブラックな実態、不動産投資ブームの裏側を暴いた本書を、2018年1月に幻冬舎から出版。当サイトより全ページのPDFデータを無料でダウンロードいただけます。

 

一般社団法人首都圏小規模住宅協会について

一般社団法人首都圏小規模住宅協会(都小協)は、投資用不動産業界の健全化を目的として発足された不動産会社及び関係者からなる団体です。

すべての人が安心して公正な不動産投資を行えるように、会員各社が業界を良いものにしたいという共通のビジョンを持ち、自己鍛錬に努め、日々の業務に全力で取り組みます。

これからも当協会は皆様とともに歩み、投資用不動産業界の新しい未来を創っていきます。

代表理事 小島 拓